旅する土木技師

世界の土木遺産、まちづくり

世界の土木遺産「ヤズド(イラン)_無動力冷房」

ヤズドの砂漠

 前稿では乾燥地帯で水を無駄なく輸送する「水路」としてのカナートの役割を紹介しました。古代ペルシャでは乾燥地帯で蒸発による水の損失を可能な限り少なくするために地下トンネルに水を通したのでした。しかし、カナートは単純な水の輸送の役割だけではなく、より機能的・文化的な側面を持っています。

古代ペルシャで活用された無動力冷房

 カナートの持つ水の輸送以外の機能の代表例は「冷房機能」です。この冷房は灼熱の砂漠地帯であるペルシャの地で古代から活用されてきた技術です。もちろんその時代に電気はありません。この技術は、蒸発熱を活用した無動力の装置なのです。

 ところで、筆者がイランに住み始めた頃は、生活で使用する水の温度の違いを不思議に思ったものでした。というのも夏に蛇口から出る水は日本と同様に生ぬるい(もしくは熱い)のに、浴槽に溜めた水は次の日には驚くほど冷たくなっているのです。
 この水温の違いも、イランの凄まじい蒸発を考えれば、当然のことでした。
 水は蒸発して気体に変わるとき、周囲から蒸発熱を奪うため、周辺の気温や水温は下がります。この原理を利用して打ち水で涼をとる方法は日本でもお馴染みです。イランでは室内の湿度が常に10%台と非常に乾燥しているので、液体の水が存在する限りその水は急激な蒸発を続け、それに伴い周囲の気温、水温が急速に下がるのです。水道水は閉鎖空間に溜められているためそれほど盛んに蒸発しませんが、浴槽のような循環する空気との接触の多い水は蒸発により急速に冷えていくのです。イランではこの原理を活用して様々な冷房装置が活用されてきました。

 代表的なものはバードギール(採風塔)と呼ばれる以下のような装置です。風上から吹き付ける乾燥した熱い空気が低温の水の流れるカナートに引き込まれ、暗渠(地下トンネル)内で蒸発熱を奪われ、湿気を帯びた冷たい空気となって風下から放出されます。この装置はカナートに併設され、人の集まる外の空間に冷気を提供していました。

画像
バードギールの概要図(福原隆一_伝統的水利システム・カナートに見る持続可能な資源利用のヒント)

 日本では平安時代から涼をとるために軒下に風鈴を飾っていたようですが、その千年も前にこれほど効果的かつエコな技術を実現していたペルシャ文明は恐るべき技術大国だったのでしょう。
 なお、ヤズドの旧市街地ではバードギールが立ち並ぶ風景が歴史的町並みとして保全されており、代表的な観光地の一つとなっています。

画像
バードギールが立ち並ぶヤズドの旧市街地

 この他、カナートの水はペルシャ庭園やペルシャ屋敷の噴水等にも活用され重要な役割を果たしていますが、ペルシャ庭園については後日別稿をしたためたいと思います。


参考文献
1) 福原隆一_伝統的水利システム・カナートに見る持続可能な資源利用のヒント(http://www.jiid.or.jp/ardec/ardec59/ard59_key_note4.html

 

世界の土木遺産「ヤズド(イラン)_カナート」

サレ・ヤズドの宿場群遺跡

 ヨーロッパと東洋を繋ぐシルクロードは有名ですが、古代にヨーロッパとインドを繋いだスパイスロードを知っている人は稀かもしれません。その名と通り、主にインドからヨーロッパにスパイスを運ぶためのものでした。スパイスロードに沿って、西アジアの広大な砂漠を渡った商人がたどり着く街がヤズド(Yazd)でした。この街の玄関口であったサレ・ヤズド(Sar-e Yazd : ペルシャ語で「ヤズドの頭」の意味)には多くの商人が宿泊したと言われています。
 ヤズドは、交通の要衝であり、ゾロアスター教拝火教)の聖地であるなど、歴史的・文化的に非常に興味深い街ですが、本稿では古代ヤズドの発展をインフラの観点から紹介したいと思います。

画像
ヤズドの位置

 昨年、筆者は初めてヤズドを訪れました。想像通りラクダと出会うことができました。全長4mを超えるであろう巨体が密着して団体行動をとります。いきなり集団で走り出すので近寄ると怖いです。

画像
飼育場を訪れた筆者を見つめるラクダたち

 ラクダは背中のこぶに溜めた脂肪を分解して体内で水につくることができるため、砂漠の移動に適していると言われています。

 水が希少な乾燥地帯では、生き物もインフラも特殊な進化を遂げています

 イランに固有のインフラの1つにカナートという灌漑施設があります。
 カナートは、山の麓から街や農地へ水を運ぶための地下トンネルです。かつてペルシャ帝国が、古代メソポタミア文明を凌駕した理由の一つがカナートの存在とも言われています。
 イランの乾燥地域では、降水は山岳部に集中します。特に冬季にはアルボルズ山脈(最高峰5,610m)やザクロス山脈(最高峰4,548m)は深い雪に覆われ、春には大量の雪解け水が流れ出ます。山から平地へ流れる水の有効利用はイランのインフラの最も重要なテーマと言っても過言ではありません。しかし、この水の輸送には大きな障害があります。それは蒸発です。


 イランの蒸発は、「凄まじい」の一言に尽きます。
 どのくらい凄まじいかというと、洗濯した厚手バスタオルが数時間の室内干しでパリパリに乾いてしまうほど。なんと、イランでは降水の70%が蒸発により地表から消失しているのです(日本では35%)。
 イランでは古代からこの凄まじい蒸発を活用した無動力、つまり、電気を必要としないクーラーが使用されてきたなど、気候を活かした都市開発が行われてきました※。
 カナートはその代表と言えます。
  (※無動力のクーラーについては、後日別稿で取り上げたいと思います。)

 例えば、日本のような湿潤な気候の国では、山地に降った雨は河川として平地に流下し、流域の都市や農村の人々が河川の水を利用します。しかし、イランの乾燥地帯では、河川が山地から平地の都市や農村に到達するまでに大量の水が蒸発してしまいます。カナートは、山麓から続く地下トンネルを通じて水を消費地である都市や農地に直接届けることで、輸送中の蒸発ロスを軽減する役割を担っているのです。

画像
カナートの概念図(岡崎正孝「カナート イランの地下水路」より抜粋した図を編集)

 ところで、サレ・ヤズドには多くの商人がユーラシア大陸の東西から高価な商品を大量に運び込んだわけですが、当然、宿泊中の安全な保管施設が必要になります。そのため、サレ・ヤズドには商人が所持するラクダや商品を保管するため、軍事施設顔負けの要塞が建設されていました。そして要塞防衛の観点からも籠城中の水の確保が重要でした。
 要塞内部には籠城に耐えるための井戸が掘られていたようですが、このように地下水の汲み上げが容易に行えることもカナートの貢献と言えるでしょう。一方で、籠城中はカナートに毒が投げ込まれるなどのリスクもあったため、日頃からカナートから独立した水を確保しておくことも必要であったようです。

画像
サレ・ヤズドの古代要塞の内部


 このように紀元前からペルシャ文明を支えてきたカナートは現代も多くのイラン国民の生活を支えており、2016年にはヤズドの「ペルシャ式カナート」が世界文化遺産に登録されています。

画像
水汲みに利用されるカナート
一方で、イランでは古くから井戸の開発と地下水の利用が盛んに行われていたことから地盤沈下が深刻化しており、現在では無許可での井戸の整備は違法とされています。こちらについては後日別稿で触れたいと思います。

(参考文献)
1) 岡崎正孝「カナート イランの地下水路」(論創社
2) 世界遺産オンラインガイド(https://worldheritagesite.xyz

世界の土木遺産「ローマ(イタリア)_現代版テルマエ・ロマエ」

カラカラ浴場の浴室

1 カラカラ浴場

 ヤマザキマリさんの「テルマエ・ロマエ」で一躍有名となったローマの温泉、テルメ。その中でも最も有名なテルメはカラカラ浴場(Temre di carecalla)でしょう。カラカラ浴場跡はコロッセオの南に位置し、発掘、一部復元された遺跡を見学することができます。
 このテルメは西暦212年から216年にかけて当時のカラカラ帝の命を受けて建設されたとされ、その後、アウレリアヌス帝、ディオクレティアヌス帝、テオドシウス帝によって何度も修復されましたが、西暦537年に浴場は廃止されました。テルマエ・ロマエの時代設定が西暦130年頃(ハドリアヌス帝の御代)なので、このカラカラ浴場はテルマエ・ロマエの時代から1世紀近く後の時代に建設されたものということになります。建設に当たっては付近の水脈を変えるなど大規模な土木工事が行われたようです。

 カラカラ浴場には種々の浴室の他、ジムやサウナ、水泳用プールも併設されており、また、勉強をする人やボードゲームを楽しむ人も集まっていたため「銭湯」というよりは「複合娯楽施設」のようなものであったようです。敷地総面積は16万平米もありました。

画像
カラカラ浴場の概念図

 浴場施設は大きな浴室から多数の小さな浴室にアクセスできるように設計されており、中央の部屋(Frigidarium)には、ローマらしい男性像の彫刻が飾られていました。

浴室に飾られていた彫刻の例
 遺跡内では彫刻の他、壁画の出土物やタイル張りの復元が展示されています。壁画は大理石で描かれていたようで当時は非常に煌びやかなものであったと想像できます。
画像
浴室の壁画の出土物

 また、浴室の床は大理石を細かく散りばめたタイル張りとなっており、現代でも日本を含む世界のプールや温泉の床にタイル張りが多いのもこのテルメを縁とするものなのかもしれません。

画像
大理石を散りばめたタイル床の復元

 遺跡内では、「もしや1500年前のタイルの残骸?」と思われるような敷石も所々で見られました。

画像
遺跡内の地表の敷石

 カラカラ浴場遺跡の入場料はインターネットの情報を見る限り時によって変化しているようですが、筆者が訪れた時には音声ガイド付きで1人5ユーロでした(音声ガイドは窓口でスマートフォンを手渡され、保存されている音声をイアホンなしでかけ流すだけなのであまり使いませんでした)。
 なお、夏にはカラカラ浴場遺跡内で野外オペラを鑑賞することもできるようです。

2 QC Terme ー現代のテルマエ・ロマエ

 さて、古代の浴場を見学してたくさん歩いた後はお風呂に入りたくなりますね。せっかくローマに来たのだから「ローマらしいお風呂」に入りたいというのが観光客の心理というものです。しかし、筆者が調べる限りローマ近郊には筆者が求める「ローマらしいお風呂」はなかなか見つかりませんでした。

Satrunia自然温泉など、フォトジェニックな温泉はいくつかあるようです。非常に興味をそそられましたがトスカーナ地方の辺境にあり、交通手段がなかったため今回は断念しました。【参考】アーモイタリア(Satrunia温泉)https://amoitalia.com/area/toscana/saturnia/about-saturnia/

 

 唯一見つけた意中の温泉施設がQC Termeです。「古代のカラカラ浴場、現代のQC Terme」を標語に掲げるこの施設は、最大5時間滞在で1人54ユーロと利用料がやや高額ですが、これが行って大正解の温泉施設でした。

画像
QC Termeの外観

 都会の喧騒を離れ、ヨーロッパらしい可愛らしい外観の施設に入ります。イタリアを初め多くの国の温泉は水着の着用が必須ですので、更衣室で水着に着替えて地下の浴場に向かいます。するとカラカラ浴場で見聞きしたイメージそのままの景色が広がっていました

画像
中央の部屋(Frigidarium)の様子
画像
Frigidariumにつながる小部屋(中央の浴槽は水風呂。奥にサウナ室があります。)


 地上に上がると、広大な土地に様々な露天風呂やサウナ、リラックスエリアが広がっています。

画像
地上の露天風呂
画像
QC Termeの館内図

 館内には、乾式サウナ、湿式サウナ、トルコ式サウナ(ハマム)、歩行用プールの他、もちろん、平たい顔族の叡智の詰まった足湯、ジャグジー、打たせ湯もあります
 極め付けは無料で提供される軽食です。受付で確認した時に食事は付かないが18時からハッピーアワーのドリンクが提供されると聞いていましたが、時間になって指定されたリラックスエリアに行くとお腹いっぱいになるほどの軽食とスパークリングワインが用意されていました(ちなみに写真は明るいですが、筆者が利用したのは5月初旬の17時頃〜22時頃の時間帯でした。この時期は20時くらいまで日は沈みません)。

画像
18時に提供された軽食

 帰宅時にはノベルティもいただきました。

画像
ノベルティ

 最初は「値段が高いな」という印象でしたが、施設内は清潔感もあり、サービスも良かったので帰る頃には身も心も満たされてしまいました。ローマ・フィウミチノ空港からタクシーで15分(12ユーロ程度)の距離にあり、バスローブ、バスタオル、サンダル等の水着以外の必要な物全て揃っているので旅の最後に疲れを癒して帰るのにおすすめです。